このブログはアフィリエイト広告を利用しています

デカフェ体に悪い?カフェインレストとどう違うの?妊娠中に飲むならどっち?

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています
グルメ・スイーツ
スポンサーリンク

デカフェ体に悪い?カフェインレストとどう違うの?妊娠中に飲むならどっち?

最近増えてきた『デカフェ』。

デカフェは体に悪いとか、まずいなどと言われることもありますが、実際どうなのでしょうか?
デカフェと聞いて、最初「でかいカフェ?」と思ってしまった私ですが、どういう意味かご存知でしょうか?

また、デカフェとカフェインレスはどう違うのか。
妊娠中にコーヒーが飲みたくなったら、どちらのものが安心なのでしょうか?

この記事で、ご紹介します!

デカフェは体に悪い?

結論から言えば、

デカフェコーヒーは、カフェイン入りコーヒーと比べて、健康に良い飲み物だと考えられます。

まず、デカフェコーヒーとは、カフェインを90%以上除去したコーヒーを言います。

カフェインは、コーヒーの特徴的な苦みや香りのもととなる成分ですが、興奮作用や利尿作用など、体にさまざまな影響を与えます。

そのため、妊娠中や授乳中の方、不眠症の方、高血圧の方などは、カフェインの摂取を控えたいと考えるかもしれません。

デカフェコーヒーは、カフェインを除去しているため、これらの副作用を心配することなく、コーヒーの味や香りを楽しむことができます。

しかも、デカフェコーヒーにはカフェイン入りコーヒーと同じように、ポリフェノールやカフェ酸などの健康に良い成分が含まれています。

ただし、デカフェコーヒーは、カフェインが全く含まれていないというわけではなく、カフェインがわずかながら含まれています!

そのため、カフェインに敏感な方は、デカフェコーヒーを飲んでから体調の変化がないか注意した方が良いでしょう。

デカフェでも体調が優れなくなるようなら、
もともと、原料にカフェインが入っていないノンカフェインのコーヒーを飲んだ方が良いでしょう。

カフェインに味はあるのか?

カフェインにはわずかですが、味があります。

カフェインは、アスピリンのような苦味を持っています。
しかし、一般的にコーヒーや紅茶などの飲み物に含まれるカフェイン量では、その苦味はほとんど感じることができません。

美味しくないと言われがちなデカフェですが、カフェインの有無で味が変わるわけではないようですね。

デカフェ カフェインレスとどう違うの?

デカフェとカフェインレスコーヒーは同じ意味です!
デカフェは「decaffeinated」の略で、カフェインレスは「caffeine-free」の略です。

どちらもカフェインを90%以上除去したコーヒーに、表示することができます。

【参考】コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則

コーヒーは、世界中で愛されている飲み物です。

しかし、カフェインが苦手な方や、カフェインの摂取量を制限したい方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、デカフェやカフェインレスコーヒーです!

カフェインには、眠気を覚ます、集中力を高める、疲労を回復するなどの効果があります。

しかし、カフェインには、依存性や不眠症などのリスクも潜んでいます。

そのため、カフェインを摂取する量を制限したい方には、デカフェやカフェインレスコーヒーがおすすめです。


デカフェはどんな人におすすめ?

デカフェやカフェインレスコーヒーは、カフェインが少ないため、妊娠中や授乳中の女性、子どもや高齢者にも安心して飲むことができます。

また、カフェインが少ないため、夜に飲んでも眠りにつきやすく、寝つきが悪い方にもおすすめです。

デカフェやカフェインレスコーヒーは、カフェインが少ないだけでなく、コーヒー本来の味や香りを楽しめるのも魅力です。

そのため、カフェインが苦手な方でも、おいしくコーヒーを楽しむことができます。

デカフェやカフェインレスコーヒーは、今では、スーパーやコンビニ、カフェなどでも手軽に購入することができるようになりました!

カフェインを気にせずコーヒーを楽しみたい方は、ぜひデカフェやカフェインレスコーヒーを試してみてください。

デカフェ のカフェインはどうやって取り除いているの?

デカフェとは、コーヒー豆からカフェインを取り除いたコーヒーのことです。
では、どうやって取り除いているのか?

デカフェのカフェインを取り除く方法は、いくつかありますが、5つの方法をご紹介いたします!

カフェイン除去方法メリットデメリット
水処理法最も古くから使われている方法カフェイン除去率が低い
マウントウォーター製法ウォータープロセスよりもカフェインの除去率が高く、95%以上カフェインをカットコストが高く大量生産が難しい
炭素処理法カフェイン除去率が高いコーヒー豆の風味に影響を与える可能性がある
超臨界二酸化炭素抽出法カフェイン除去率が高く、コーヒー豆の風味に影響を与えにくい設備が複雑で高価
溶媒抽出法カフェイン除去率が高く、設備が簡易で安価有機溶媒が残留する可能性がある

デカフェのカフェイン除去方法は、メーカーによって異なります。

そのため、デカフェを選ぶ際には、カフェイン除去方法を確認して、自分にあったデカフェを提供してくれるお店を探すと良さそうですね!

デカフェやカフェインレスコーヒーが飲めるお店は?

店舗にもよりますが、デカフェやカフェインレスコーヒーが飲めるお店の一覧です。

☕️ドトールコーヒー

☕️カフェ・ド・クリエ

☕️エクセルシオールカフェ

☕️スターバックスコーヒー(スタバ)

☕️タリーズコーヒー

☕️コメダ珈琲

☕️星乃珈琲店

☕️上島珈琲店

☕️珈琲館

普段ご利用されている店舗が、デカフェやカフェインレスコーヒーを提供しているかどうかは、事前にご確認ください。

また、Uber Eats等では、デカフェに対応してないお店もあるようです。

残念ながら、今のところ以下のお店では、デカフェやカフェインレスコーヒーの提供は無いようです。

☕️サンマルクカフェ:なし

☕️カフェ・ベローチェ:なし

☕️プロント:なし

☕️ルノアール:なし

なお、日本国内で流通しているカフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法は、ウォータープロセス製法と二酸化炭素抽出法が主流です。

スタバのデカフェは、二酸化炭素抽出法の一つ、「超臨界二酸化炭素抽出法」

タリーズコーヒーは、マウントウォーター製法を採用し、ドトールでは、二酸化炭素抽出法を採用していますよ。


デカフェ とカフェインレス妊娠中に飲むならどっち?

デカフェもカフェインレスも、カフェインを90%以上除去したコーヒーです。
この2つの選択であれば、どちらを飲んでも効果はほぼ変わらないでしょう。

妊娠中は、カフェインの摂取量を制限することが推奨されています。

そのため、カフェインが気になる方は、デカフェやカフェインレスコーヒーを飲むのがおすすめです。

デカフェとカフェインレスは、どちらもカフェインが少ないコーヒーですが、提供する店舗によって、多少の含有率の差は出てくるようです。

それでも、カフェインを90%以上オフしているので、頻繁に飲まない限り、それほど気にする事は無いのではないでしょうか。

カフェインレスコーヒーは、スーパーやコンビニ、カフェなどでも手軽に購入することができます。

妊娠中は、赤ちゃんの健康を第一に考えることが大切ですよね!

カフェインの摂取量を制限して、赤ちゃんに安心して育ってもらうために、デカフェやカフェインレスコーヒーを飲むようにしましょう。

アメリカでは、デカフェやカフェインレスコーヒーを飲む、更年期の方も少なくないようです。

血圧や脳内ホルモンバランスへの不安、健康志向の向上などにより、カフェインが少ないコーヒーを飲んでいるのではないでしょうか。

多少でも入っているカフェインが気になるようであれば、ノンカフェインコーヒーを飲むことを検討してもいいですね!





トレンドニュースランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
グルメ・スイーツ
nekoboshiをフォローする